乾燥するのは冬だけと思っていましたが、夏でも乾燥するということに今年になって気がつきました。
クーラーの効いた部屋にいると喉が乾いて調子が悪くなったり、なんとなく肌がカサカサして、これはクーラーのせいだ!とわかりました。

自宅では加湿器を使えば乾燥対策になりますが、会社や部屋が狭い場合にはなかなか加湿器を使えないということもあります。
加湿器以外の乾燥対策はイマイチ思い浮かびませんでしたが、色々とあることを知りとても驚きましたし役に立ちました。
参考サイト:乾燥対策 加湿器以外

まず、コップに水を入れて置いておくだけでも、置かないよりは乾燥対策になるということにびっくりしました。
ただ置くだけで良いのなら誰でもすぐ出来るし、家にあるもので済むのでとても便利だと思います。

それよりも効果的なのが、洗濯物を部屋干しするということです。
洗濯物から水分が出るので広範囲に水分が行き渡り、乾燥対策になります。
このことから、コップに水を入れて置いておくよりも、濡らしたタオルなどを干しておく方が効果的ということが言えます。

さらに、その干したタオルに扇風機などで数を当てれば、より広範囲に湿気が広がるのでおすすめです。
他にも、植物を置いたり、霧吹きで部屋に水をまいたり、どれも簡単に出来る方法ばかりで、すぐに試して見たくなりました。

関連記事

    None Found